【失敗談】若ハゲを病院で治療したけど駄目でした…!!

私は若ハゲを病院で治せませんでした!

若ハゲって明確な定義はありません。ですが、大体10代後半から20代まで、もしくは30代くらいまでにハゲる人の事を若ハゲと呼ぶのではないでしょうか?私自身は高校生の頃から髪が柔らかいし細いので、将来は”ヤバい”と不安に思っていましたし、周りの友人からも”絶対ハゲる”と言われ続けていました。

 

薄毛の種類

 

実際、高校生の頃から薬局でなけなしのお小遣いを使い、育毛剤を買って使ったりしていました。今思うと、本当に無駄だったなぁって思いますが、当時は良かれと思ってやっていたのです。また昔の育毛剤って臭いんですよね(笑)かなり変なニオイを指せながら学校に行ってたと思います。

 

その後、大学を卒業するころには立派なM字ハゲになっていました。上の画像のM型タイプですね。就職は決まったもののストレスの多い仕事でしたので、若ハゲにストップをかけるどころか、アクセル全開状態で生活していました。

 

満員電車で吊革にぶら下がりながら寝かけたことは度々ですが、頭を下に傾けすぎたばかりに、無理やり横から流して隠しているM字を晒してしまい、「はっ!」と思って必死に額を隠したことは一度や二度ではありません。まるでM字ハゲを隠す為にカツラでも被っているような気分でした。

 

必死に育毛する若ハゲの男性

なんだか話が脱線気味ですね・・・(汗)話を戻しますと、私は自分なりに育毛剤やシャンプー、サプリメントなどを使って対策を施したのですが、全くもって効果を得られず若ハゲは日々進行してしまいました

 

これではまずいと思い、やはり医者に任せようと決意して近くの皮膚科に診察に行きました。全ての皮膚科でAGA治療が行われているわけではないと聞いていたので、事前に調べたところ私の近所の皮膚科はAGA治療を受けられると知りました。

 

実際にその皮膚科で診察を受けましたが、特に検査のようなものはなく「AGAですね」と言われただけで薬を処方して終わりでした。今では良く知られているプロペシアという医薬品ですね。1日1錠を飲んで様子見ましょうって事でしたので、3か月分を最初に貰い毎日飲み続けました。

 

しかし、一向に効果は得られないまま3か月が過ぎ、更に3か月分を処方してもらい飲み続けるも、大きな変化は感じられませんでした。進行が若干遅れているような気もしないでもないですが、その程度です。もっと効果を得られる方法はないものかと思い、ネットで調べていると薄毛の専門院というのがあることを知りました。

 

若ハゲ治療の専門医

全ての皮膚科がそうではないらしいのですが、一般的に皮膚科での治療は進行を遅らせる事が目的であって、発毛や改善を目指すのであれば薄毛専門の病院やクリニックの方が良いという記事を見ました。

 

本当かどうかは分かりませんが、実際に私の治療成果も同じような感じですし、それだったら少し費用を足すだけで専門医に診てもらえるのならそうしようと決意しました。

 

薄毛の専門院では、まず最初に違うよなぁ〜って感じたことがあります。それは待遇ですね。別に皮膚科の待遇が悪かったと言うわけではありませんが、やはり若ハゲで病院に通っているってことを他の患者さんに知られたくはないし、女性の看護婦さんに受付で内容を伝えたり、問診されたりするのは恥ずかしいです。

 

その点、薄毛の専門院であれば完全個室対応ですし、恥ずかしい思いをすることなく診察から治療まで受けられます。薄毛の専門院では、ただプロペシアを飲むだけでなくミノキシジルと併用したり、育毛メソセラピーと呼ばれる頭皮に直接栄養分を届ける施術など独自の医療技術で治療をしてくれます。

 

私の場合は、既にプロペシアだけでは改善が出来ていなかったので、血液検査の結果に基づいてミノキシジルおよびAGAメソセラピーによる治療をしてもらいました。これで駄目なら将来的にはカツラを被ることも覚悟しないとなぁと考えていました。

 

変化を感じる若ハゲ

結果として、3か月もすると濃い産毛が目立つようになり、6か月もすると生え際のラインが明らかに前進しました。元のラインまで戻っているのが一目で分かりましたし、その後も治療を続けていくことで日々濃くなっていきました。

 

最初は若ハゲを病院で治療しても無駄だなぁ〜、やっぱり遺伝だから避けられないのかなぁ〜なんて思っていましたが、僕以外の何千何万という症例数が物語る通り、若ハゲは病院で治すことが可能です。

 

長くなりましたが、私の若ハゲ治療の体験談をここで終えたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございます。参考までに以下に薄毛の専門院として男女問わず評判が良い病院を厳選してご紹介します。

 

私自身も1位で紹介しているAGAスキンクリニックでお世話になりました。2位以下も数ある病院の中でも評判が良いのでまずはカウンセリングから始めてみると良いでしょう。費用の見積もりとか治療内容を聞くだけでも得るものがありますよ。医療機関なので変な勧誘等の心配も不要ですし、気軽に相談してみると良いと思いますよ。

 

ランキング1位⇒AGAスキンクリニック
【札幌/函館/青森/秋田/仙台/富山/名古屋/秋葉原/新宿/渋谷/池袋/六本木/横浜/埼玉大宮/千葉柏/大阪難波/梅田/松山/高知/島根松江/広島福山/山口下関/福岡/長崎/佐賀/沖縄那覇】人気急上昇中のAGAクリニックです。全国多数に診療所を構え、常に業界最安値に挑戦しています。患者さんの満足率も99%を超えており、人気だけでなく実績も伴う新進気鋭の実力派クリニックとして成長し続けています。全国どこでも同じ治療が受けられるので、急な転勤や引越しでも継続して通えるのも魅力です。一般的でオーソドックスな治療のみならず、オリジナルの発毛薬を使用した他院とは違う治療も好評です。更に一歩進んだAGAメソセラピーの施術も可能です。若ハゲで悩む男性だけでなく女性も多数通っています。【女性はこちら】まずは無料カウンセリングで相談してみましょう。
ランキング2位⇒AGAルネッサンスクリニック
【札幌/千葉/新宿/横浜/名古屋/大阪梅田/神戸/京都/広島/福岡 】有名人も多数治療に通っている全国展開の大手専門院です。定額制や充実したサポートが評判です。通常の若ハゲ治療だけでなく、半永久的に自分の髪が生え続ける自毛植毛の施術も可能です。こちらも提携院を含めると診療所の数も多く、スキンクリニックと比較する為にカウンセリングを受けている方が多いようです。
ランキング3位⇒聖心毛髪再生外来
【札幌/東京/大宮/横浜/熱海/名古屋/大阪/広島/福岡】女性の薄毛に効果的と言われるグロースファクターと呼ばれる再生療法による治療を行っています。こちらも治療の幅は多岐にわたり、ロボットを使った自毛植毛も可能となっています。
【関東圏限定】⇒銀クリAGA.com
【銀座】低価格で実績が豊富な都心で人気の若ハゲ病院です。女性の治療コースも準備されていて評判です。ただ薬を処方するだけの治療とは違い、検査に基づいた患者ごとの治療が高い発毛率の秘訣です。関東圏にお住まいであれば一押しの若ハゲ治療クリニックです

若ハゲの種類(AGA・円形脱毛症・粃糠性脱毛症)の特徴や原因は?

若ハゲは若い人が薄毛になる症状ですが、実は原因によって種類があるのです。ハゲに限らず、どんな症状であっても原因から改善していかなくてはいけないので、若ハゲを治すにはまずは自分のハゲの種類を知っておかなくてはいけません。

 

正確な診断は医師に診てもらう必要がありますが、すぐに対策を行うためにも、自分はどの種類の若ハゲなのか特徴から判断しておきましょう。

 

AGA脱毛症

 

髪の毛の成長段階図

 

男性の若ハゲの90%はAGA(男性型脱毛症)だと言われています。AGAの特徴は、おでこの生え際や頭頂部から薄毛が始まるということ、これらの部位以外は特に薄毛にはならないことです。遺伝的要素が大きいのも特徴で、両親もしくは親戚に薄毛の人が多い場合は、若いうちから発症しやすいです。

 

この脱毛症の要因となっているのは、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという還元酵素によって、脱毛ホルモンと呼ばれるジヒドロテストステロンがうまれるからです。ジヒドロテストステロンは髪の成長サイクルを乱したり、皮脂を過剰分泌させて頭皮環境を悪化するため、年齢に関わらず薄毛になってしまいます。上記の図にあるように、成長期に移行して十分な段階を経ることなく、休止期へと移行してしまう。それがヘアサイクル図でみるAGA脱毛症のメカニズムになります。

 

円形脱毛症

 

もし一部分だけ禿げてしまったという症状が出ているのであれば、円形脱毛症です。円形脱毛症の特徴は、名前の通り円形や楕円形に10円玉から500円玉程度の大きさのハゲができてしまうことです。できる部位は人によって異なりますが、主に前頭部や側頭部に出来やすいのも特徴と言えるでしょう。

 

原因は、ストレスと言われていますがはっきり解明されていないのが実情です。ただメカニズムははっきりしていて、何らかの原因で免疫細胞に異常が起こり、毛包や毛乳頭細胞を攻撃したり破壊したりすることで髪が成長しなくなります。

 

『就活で円形脱毛症になってしまう事も』
就活で円形脱毛症になってしまったという話は、よく聞きます。それほど就活は厳しいものになっていて、多くの方が苦労されていまして、何十件や何百件と受けているのに、なかなか決まらないのもざらになっています。就活以外にも、この時期だと人間関係やら勉強等で苦労する事もあり、無事に就職しても環境が激変しますから、円形脱毛症になってしまう人もいるのでしょう。若いからといって、脱毛症に掛からないという事はありません。また男性、女性関わらずに発症しますので、日々の生活には、気をつけなければなりません。就活からくるストレスによって、円形脱毛症に罹っていると思い込んでしまうかもしれませんが、意外と忙しさからくる睡眠不足や疲れから免疫機能に異常が発生しているとも考えられるのです。生活習慣が乱れている事も原因の一部になりますので、気をつけないといけない点は、たくさんあるのです。就活による原因で円形脱毛症になっているのなら、そのストレスの原因を改善してあげるか、前向きな気持ちにならないといけません。例えば、落ちるのが当たり前と考えて開き直ったり、周囲に惑わされずマイペースで動いてみたり、その中でストレスを発散できる事をやっていけば良いのではないでしょうか。脱毛症に罹る人の多くは、神経質の人が多くて、考え方を変えるのは難しいかもしれませんが、もう少し気楽に構える事ができれば、受ける精神的なストレスも和らぐと思います。そういったメンタルな部分を強化する事も大事なことかもしれません。円形脱毛症に関してはHARG療法やグロースファクター療法が高い評価を得ています。円形脱毛症はAGAによる脱毛症とは異質のものです。

 

粃糠性脱毛症

 

粃糠性(ひこうせい)脱毛症は、若い人に多く見られる脱毛症です。というのも、シャンプーや整髪料などによる頭皮へのダメージや負担、栄養不足、不規則な生活習慣などが原因だからです。外部や内部からの刺激を与え続けることによって、頭皮のターンオーバーが乱れて角質異常が起こり、フケが増えてバイ菌などが繁殖して炎症が起こることで発症します。

 

フケによる毛穴の詰まりや炎症によって頭皮環境が悪化すると、髪の成長サイクルが狂ったり、細く弱々しい髪が育ってしまうのです。他にも、皮脂の過剰分泌が原因で起こる脂漏性脱毛症、髪が細くなって密度が減少することで起こるびまん性脱毛症など、脱毛症にはいろいろな種類があります。人によっては複数の脱毛症を併発していることもあるので、自分の脱毛症を早く見極めて対策を行っていきましょう。

若ハゲになりやすい人の見た目やライフスタイルの特徴

昔は、若ハゲになる人のほとんどは遺伝が大きく関与していました。しかし、年々増え続ける現代の若ハゲは、遺伝だけが原因とは言えなくなっています。実は見た目やライフスタイルで、若ハゲになりやすいかどうかを判断することもできるので、自分に当てはまっていないか確認しておきましょう。

 

おしゃれな人ほどハゲやすい?

 

お洒落さん

まず見た目ですが、ヘアスタイルにこだわっている人ほど若ハゲになりやすい傾向があります。ヘアスタイルがおしゃれな人というのは、カラーリングをしていたり、パーマをかけていたりすることが多いですね。そして、ファッショナブルな人は根元が伸びてきたらこまめにカラーをしますし、パーマが少しでも取れるとかけ直すでしょう。カラーリングやパーマに使われる薬剤は、1回使っただけでトラブルになることは少ないです。

 

しかし薬剤に含まれる有毒物質は皮膚から吸収される上に、ほとんど排出されない性質を持っているため蓄積していきます。有毒物質が蓄積すると、発疹や炎症、かゆみなどアレルギー症状が発症することもありますし、毛根組織はダメージを受けて機能が衰えてしまいます。そのため、カラーやパーマをやり始める年齢が若ければ若いほど、薄毛の発症が早まることがあるのです。

 

髪や頭皮がべたついている人

 

一般的に、1日1回シャンプーをすれば髪はベタつきませんし、頭皮が痒くなることもありません。ですが、人によっては朝洗っても昼には根元がぺたんっとする、生え際や頭皮がべたついたり痒くなったりすることもあるでしょう。こういった方は見た目にも、何となく脂っこくテカっているのが分かります。

 

髪を洗いすぎていたり、逆にケアを怠っていると頭皮を守るために皮脂が過剰分泌されて頭皮環境が悪くなり薄毛が引き起こされます。髪を洗ってもべたつく、フケが多いという方も若ハゲになりやすいので気をつけましょう。

 

ハゲやすいライフスタイルとは?

 

若ハゲになりやすい人のライフスタイルの特徴は、簡単にいうと生活習慣が乱れていることです。いい加減な食生活、不規則な睡眠、運動不足というのは、間接的ですが髪の成長を妨げたり、髪の成長機能を衰えさせます。規則正しい生活というのは健康の基本となるように、髪がきちんと成長するために必要不可欠です。

 

髪は、血液によって運ばれる栄養を毛包が受け取り、毛乳頭細胞に与えられて分裂していくことで成長するので、血行不良や栄養不足、細胞の修復が行われないとどんどん衰退します。自分の生活習慣を振り返ってみて、食事、睡眠、運動の中のどれか一つでも不規則だったりいい加減だったりする場合は、すぐにライフスタイルを見直しましょう。

若ハゲ治療は皮膚科とAGAクリニックどっち?

若ハゲになったら、まずは髪の毛や頭皮の状態を正確にチェックしなくてはいけません。育毛剤でセルフケアをするという方法もありますが、残念ながら自己流の対策では効果が低く、脱毛症の種類によってはどんどん進行してしまいます。病院に行くのは面倒ですし費用もかかるものの、放置すればするほど治る薄毛も治りにくくなるので、早急に診断をしてもらう必要があります。

 

皮膚科でできる若ハゲ治療

 

育毛剤のイメージ図

皮膚科というのは、湿疹やニキビ、いぼなど皮膚疾患の治療だけではなく、炎症などの症状が出ている場合は、治療薬を処方してくれるのがメリットです。もし、若ハゲの原因が頭皮の炎症トラブルなどによるものであれば、皮膚科で治療を行って、頭皮の状態を改善するのが一番です。

 

ただし皮膚科は脱毛症や若ハゲ専門ではないというデメリットがあります。中には皮膚科でも薄毛治療を行っているところもありますが、医師が薄毛に関して専門知識を持っているとは限りません。若ハゲ治療は専門的な知識がないと、原因や的確な治療が行えないので、頭皮トラブル以外に原因がある場合は治らない可能性があるのです。

 

AGAクリニックの若ハゲ治療

 

育毛治療

AGAクリニックはその名の通り、AGA(男性型脱毛症)の治療を専門的に行うクリニックです。ですので、メリットは当然ですがAGAによる若ハゲであれば、ほぼ確実に効果が期待できるということです。AGA治療には、プロペシアなど薬による治療だけではなく、育毛レーザー治療や育毛マッサージ、上記の育毛メソセラピーなどいろいろな方法があります。

 

つまり皮膚科よりもいろいろな角度から若ハゲにアプローチしていけるので、効率よく改善できるのもメリットです。ただし、若ハゲの種類がAGAじゃなかった場合は、改善効果も低くなるというデメリットがあります。ミノキシジルなどAGA以外の脱毛症にも効果的な薬はあるものの、AGA以外の脱毛症は原因が異なるので、効果が得られないかもしれません。

 

若ハゲ治療はどちらがよい?

 

このように、皮膚科とAGAクリニックにはそれぞれにメリットやデメリットがありますし、若ハゲの原因によっても効果が異なるので、一概にどちらが良いと断定することはできません。また、AGAクリニックは医療機関であっても、治療には保険が使えないため自由診療になります。

 

自由診療はクリニックで値段設定ができるので、場合によってはかなり高額な費用がかかることもありますから、クリニック選びも慎重に行う必要があります。結果としては、どちらが良いかというのではなく、自分の若ハゲの状態を把握してからどちらに行くか決めるのがベストと言えるでしょう。

若ハゲに植毛は早すぎる?若ハゲが植毛を受けるタイミングとは?

人は見た目じゃないといっても、やっぱり若いのにハゲてしまうのは気持ち的に憂鬱なことですし、自分に自信が持てなくなってしまうでしょう。ハゲがコンプレックスになって、人と関わるのが嫌になって引きこもってしまうなんて方も少なくないようです。

 

ただ、若ハゲに限らず、薄毛というのは育毛剤などを使ってケアをしても、改善されるまでにはかなりの時間がかかります。中には複数の要因が重なって若ハゲになってしまっている方もいるので、こういった場合はさらにケアが必要になるでしょう。

 

若ハゲに即効性がある植毛

 

植毛カウンセリング

育毛などではなかなか改善できない若ハゲを、すぐに解消できるのが植毛です。植毛は、自毛や人工毛を頭皮に植え込むので、極端に言えば1日で若ハゲを改善できます。ただし、すぐに改善できるとしても、原因を取り除かない限りは植毛した部分以外が薄毛になる可能性はあります。植毛は髪を生やす効果はあっても、ハゲの原因を改善できる治療ではないので若ハゲが進行してしまうかもしれないのです。

 

そうなると、何回も植毛しなくてはいけませんし、植毛というのは株数によって異なりますが数十万以上の高額な費用が必要になります。このように費用や体にかかる負担という点から考えると、若ハゲに植毛は早すぎると言えるでしょう。即効性があるのは良いことですが、植毛後にどれぐらいハゲが進行するかは未知数なので、若ハゲを改善したいからといって安易に植毛するのは止めた方が良いですね

 

植毛を受けるタイミング

 

若ハゲが植毛を受けるタイミングは、まずは原因にアプローチして育毛を実践してみてからがおすすめです。若ハゲはAGAや円形脱毛症、ひこう性脱毛症などの種類がありますが、それぞれに対策方法があります。例えばAGAなら5αリダクターゼの働きを阻害する成分でケアをするのが効果的ですし、円形脱毛症はストレスを緩和しながら育毛を促す成分でケアをするのが効果的です。

 

このように、若ハゲの種類によって原因を改善しながら育毛ケアができる対策方法があるので、それを実行してみましょう。改善する効果はなかなか得られないとしても、それ以上の進行を防ぐことはできますから、その後に植毛をすれば繰り返し施術する必要もなくなります。

 

植毛の必要性

 

若いということは、細胞も元気ですし体内機能も回復が早いので、育毛ケアの効果も出やすいです。もしかしたら、植毛をしなくても残っている毛包を活性化して成長を促進出来るかもしれません。ですので、植毛は最後の手段として取っておいて、まずは自毛を成長させる薄毛治療や育毛ケアをしてから検討するのがベストです。

なぜ性欲旺盛・筋骨隆々(筋トレ)は若ハゲを誘発すると言われるのか?

筋トレ

昔から、性欲旺盛な人はハゲている、筋骨隆々な人にはハゲが多いと言うイメージが定着しています。人によってはあくまでもイメージであって、性欲や筋肉隆々はハゲとは関係ないと思っている方もいるかもしれませんね。

 

ですが、これはイメージでも都市伝説でもなく、性欲が旺盛だったり筋肉トレーニングをしている人は実際に禿げるリスクが高いのです。そのため若い人だと性欲や筋トレが原因で若ハゲが誘発されることもあるのです。

 

性欲や筋トレで若ハゲが起こる理由

 

性欲が旺盛だったり筋力トレーニングをしている人が若ハゲを誘発するのは、男性ホルモンが大きく関わっています。性欲が旺盛な人は、神経に作用して性的興奮を促したり、勃起を引き起こすテストステロンという男性ホルモンの分泌量がもともと多いのです。また、筋トレをするとテストステロンの分泌量が増えます。つまりテストステロンの量が普通の人より多いというのが両者の共通点なのですが、このテストステロンが脱毛を引き起こすリスクファクターになっています。

 

テストステロンが脱毛を引き起こす?

 

テストステロン自体は脱毛を起こすことはありませんが、ここに5αリダクターゼという酵素が関わることで脱毛が引き起こされます。5αリダクターゼがテストステロンと結合すると、より強力な作用を持つジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変わります。ジヒドロテストステロンというのは、髪の毛を成長させる信号をブロックする働きを持っているため、毛乳頭細胞の働きを低下させいて成長サイクルを乱します。

 

成長サイクルが乱れると、成長期の髪の毛が抜け落ちたり、これから生える準備をしている休止期の髪がいつまでも生えてこなくなり、薄毛になってしまいます。また、ジヒドロテストステロンはテストステロンより強い男性ホルモン作用を持っているため、皮脂を過剰分泌させて頭皮の毛穴が詰まってしまい、べたつきやフケなどを発生させます。頭皮は髪が成長する土台となるものですから、環境が悪化すると成長が妨げられてしまいます。

 

性欲旺盛や筋骨隆々だと絶対若ハゲになるのか?

 

テストステロンがどんなにたくさん分泌されても、5αリダクターゼと結合しなければハゲることはありません。5αリダクターゼの量は遺伝も関係するので、性欲旺盛な人や筋肉隆々の人すべてがハゲるというわけではないのです。と言っても、普通よりテストステロンの分泌量が多くなれば、より5αリダクターゼと結合しやすく、ジヒドロテストステロンも生成されやすくなります。ですのでハゲるリスクは他の人より高くなりますし、若ハゲが誘発されるのは本当なので気をつけましょう。

女性の若ハゲが増えている原因や症状の特徴

薄毛というと高齢になってから現れる症状というのが一般的でしたが、近年は20代や30代など若い女性でも薄毛になることが増えています。本来なら、髪の毛の成長は30歳ぐらいまで続き、徐々に成長が衰え始めて40代以降になると薄毛になるのが目立ち始めます。それでも急激に薄くなることはなく、本格的に悩むのは50代ぐらいからです。それなのに女性の若ハゲが増えているのは、2つの原因が考えられます。

 

カラーリングやパーマのダメージ

 

薄毛を嘆く女性

1つ目はカラーリングやパーマなどによる薬剤の影響です。今や、カラーリングをしていない女性はほとんどいませんし、パーマも単にカールをつけるだけではなくストレートや縮毛矯正など多種多様になっています。カラーやパーマはスタイルングの要になるので、一度施術をすると繰り返し行う方も多いでしょう。

 

こういった施術に使われる薬剤は刺激がものすごく強いため、そのダメージによって毛根組織機能が衰えてしまうのです。1回施術をしたぐらいでは薄毛になることはないものの、何回もカラーやパーマをしていれば髪を成長させる毛乳頭細胞も弱ってしまい抜け毛や薄毛が引き起こされます。

 

栄養不足や栄養過多

 

女性の頭皮診断

2つ目は食生活の乱れによる栄養過多や極端なダイエットによる栄養不足です。髪の成長には栄養が必要不可欠ですが、外食が多かったり極端な食事制限をするダイエットをしていると、栄養が不足してしまいます。特に最近は特定の食品と食事を置き換えるダイエットが流行っていますが、こういったダイエット法も栄養が偏ります。

 

髪の毛は栄養を受けるとることで成長しますから、栄養が不足したり偏ったりすると、細胞の分裂が滞って成長できなくなるのです。また外食が多かったりジャンクフードや加工食品を食べる機会が多いというのも危険です。

 

チルドでも冷凍でも加工された食品は栄養が少ないですし、外食で食べる料理は油分や糖分が多く頭皮環境を悪化させます。頭皮は髪を育てる土台となるものですから、その土台の状態が悪化すれば毛根組織に悪影響が及ぼされ、髪の成長が阻害されてしまいます。

 

女性の若ハゲの症状の特徴

 

女性の若ハゲの症状の特徴は、前頭部や生え際から薄くなるということ、その後、一部分だけではなく全体的に薄毛が広がることです。もちろん症状は人によって異なりますが、男性のようにおでこがどんどん後退していったり、頭頂部だけ薄くなるということはほとんどありません。

 

そのため、薄毛になり始めの時には気がつかないことも多く、対策が遅くなって全体が薄毛になってしまうことも少なくありません。若ハゲを進行させない、改善するためには、早めに対策を始めるのが一番なので、生え際の髪が薄くなってきたら抜け毛の量などの気をつけましょう。

20代や30代で若ハゲの男性は無理?(女性の評価)

恋愛対象となる男性に対して求めるものは人によって違うものですから、イケメンじゃなきゃ嫌という女性もいれば、お金があれば良いという女性もいます。性格や価値観が同じことが一番大事という女性もいますから、一概に外見が重要というわけではありません。では、若ハゲの男性というのは恋愛対象になるのでしょうか。

 

若ハゲが恋愛対象にならない理由

 

若ハゲの男性が恋愛対象になるかという某アンケートでは、「なる」と答えた女性は約4割なのに対し、「ならない」と答えた女性は6割にも登っています。4割が恋愛対象になるというのが多いか少ないかは人それぞれ感想が変わると思いますが、半数以上は対象にならないと答えているのが事実です。

 

また、興味深いのは恋愛対象にならないという回答理由です。無理と答えた女性の約半数は、「若い時にハゲているのは嫌」という理由なのです。つまり、付き合っていく間にハゲるのはいいけど、最初からハゲていると恋愛対象にならないという人が多いのですね。ですのでいずれ薄毛になるかもしれない可能性はあっても、とりあえず若いうちに禿げていなければ問題ないということです。

 

若ハゲでもOKの理由

 

逆に4割を占める「恋愛対象になる」と答えた方の理由を見てみると、「似合っていれば良い」「他に魅力があれば良い」という意見が多いです。要は、半数以下ですが意外に多くの女性は髪の量は特に重要視していないのです。ただ一つ重要なのが、髪の毛の量が気にならないような魅力があるというのが前提だということです。

 

若ハゲでもモテるには?

 

総体的に見ると、若ハゲに対する女性からの評価は高いとは言えません。すでに若ハゲの状態の方からすると、半数以上は恋愛対象外と思われているのですから、恋愛に対して消極的になったり諦めてしまいたくなるでしょう。それでも4割の女性は対象になり得ると言っています。

 

逆に言えば、若ハゲを改善するだけでも恋愛対象にしてくれる女性がぐっと増えるということです。例え若ハゲになってしまったとしても、効果的な対策法を実践して少しでも改善できる努力をすれば可能性はどんどん広がります。今は若ハゲの改善に効果の高い育毛剤や薄毛治療法があるので、諦めずに改善して楽しい恋愛をしていきましょう。

 

【当HPで一押しの若ハゲクリニックランキング】
1.⇒AGAスキンクリニック
【札幌/函館/青森/秋田/仙台/富山/名古屋/秋葉原/新宿/渋谷/池袋/六本木/横浜/埼玉大宮/千葉柏/大阪難波/梅田/松山/高知/島根松江/広島福山/山口下関/福岡/長崎/佐賀/沖縄那覇】
2.⇒AGAルネッサンスクリニック
【札幌/千葉/新宿/横浜/名古屋/大阪梅田/神戸/京都/広島/福岡 】
3.⇒聖心毛髪再生外来
【札幌/東京/大宮/横浜/熱海/名古屋/大阪/広島/福岡】