若ハゲはなるべく早く病院へ行った方がいいの?

若ハゲはなるべく早く病院へ行った方がいいの?

男性の中には抜け毛や薄毛で悩んでいる人も多いようです。特に20代から30代前半に髪が薄くなってしまう【若ハゲ】となると悩みはより一層深刻になります。

 

病院

 

そのせいかどうかは分かりませんが、若ハゲに関する間違った情報などは昔からあるようで、それらが現在では科学的に解明されてきて、病院などに行くと正しい知識を得ることができるようになっています。

 

例えば、白髪の人はハゲにならないと思っている人が多いようですが、そんなことはありません。毛を作るために毛根にある細胞と、髪の色を黒くするメラニン細胞とは全く別物なので、白髪で若ハゲという人もいます。ハゲが治らないと思われていたのも大きな間違いです。

 

個人差などもありますが、病院に行けば治療ができます。病院での治療は、年齢が進んだ人よりも20代〜30代の若ハゲの人の方が治りやすいようですが、60代でも驚くほどの改善がみられる人もいるようです。いずれにせよ、ハゲは症状が出てからすぐに治療をするのが一番だと言われています。

本気で若ハゲを治療したいと思った場合に必要な費用はいくら?

生活習慣などが原因で起こる薄毛は、自分でケアすれば改善することも可能です。しかし、男性ホルモンが関わっているAGAだと、自己流の対策で改善するのはかなり難しいので、AGA治療を継続して受けるのがもっとも効果的な方法になります。ただAGAの治療は基本的に保険適用外になるため、費用がいくらかかるのか気になりますね。

 

AGAの治療方法

 

AGAの治療方針は、AGAの進行状態や原因となるジヒドロテストステロン受容体の数などによって決定するため、一人一人異なります。ただ、主流となっているのは外用薬内服薬を併用する治療です。

 

外用薬というのは、ミノキシジルやフィナステリドなどAGAに効くとされる有効成分を患部に塗るという治療法です。

 

使用方法は育毛剤と同じですし、医薬品の育毛剤であれば同じ成分が配合されていますが、市販品よりも濃度が高いという特徴があります。

 

内服薬はジヒドロテストステロンを生成する5αリダクターゼの活性を弱めたり、血管を拡張する効果があります。

 

これらを併用することで、AGAに効率よくアプローチして症状の進行をストップしたり、発毛を促すのがAGAの治療法です。

 

外用薬にかかる費用

 

外用薬にかかる費用は、病院での処方では平均8000円程度です。市販されている医薬品の育毛剤もこれぐらいの値段ですから、医療機関で処方してもらってもドラッグストアなどで購入しても同じぐらいですね。

 

ただし市販品の場合は有効成分の含有量が少ないため、使用量を多くしないと効果が出にくいですから、1本の価格は同じぐらいでも高額になるかもしれません。

 

ですが、病院によってはジェネリックを処方してくれることもあります。ジェネリックであれば約3000円から4000円と半額の値段になるので、かなり負担は楽になるでしょう。

 

内服薬にかかる費用

 

内服薬にかかる費用は、医療機関で処方された場合だと5000円から7000円というのが相場です。金額に幅があるのは、個人の症状によって必要な薬効成分の差があるからです。

 

含有量が多ければその分値段も上がるので、費用には幅があるのですね。ちなみに内服薬にもジェネリックがあり、こちらも価格は半分ほどになりますから、できるだけ費用を抑えたい方は相談してみるといいでしょう。

 

外用薬と内服薬は併用することでより高い効果を発揮するので、本気でAGA治療をする場合の費用は月に15000円程度が目安になります。

 

毎月これだけかかるのは負担が大きいかもしれませんが、確実な効果を得るには治療を行うのが一番ということを念頭に入れて検討してみてください。

若ハゲ治療病院.comTOPへ