病気が原因の若ハゲもあるって本当ですか?

病気が原因の若ハゲもあるって本当ですか?

抜け毛や薄毛の原因は、遺伝やストレスなどと言われていますが、病気が原因でハゲてしまうこともあります。10代や20代で若ハゲに悩まされている人は特に、病気が原因ということも考えられるので、若ハゲの治療をするより病気の治療をすることが先決となります。

 

円形脱毛症

 

抜け毛の他に、病気によって白髪になるということもあるので、健康状態と毛髪はとても密接な関係があると考えられます。例えば、貧血や胃腸が弱い人は、食べたものの栄養が体に十分に吸収されないため、髪の毛が抜けやすくなります

 

髪の毛はタンパク質でできているので、タンパク質が体内に不足すると、髪の状態も悪くなってきます。そのため、過度なダイエットなども、栄養状態が悪くなるので若ハゲの原因となってしまいます。

 

ダイエットをしすぎると肌がカサカサになってしまうのと同じで、髪の毛もボサボサになってしまって、頭皮の状態も悪くなります。ホルモンのバランスが崩れるのも抜け毛の原因となります。

 

そのため、ホルモンの分泌をつかさどる脳下垂体の機能が低下していることもあるので、急に抜け毛がひどくなってきて、体調にも変化が現れたら病気を疑うことも必要です。

 

若ハゲ分け目

 

あとストレスもそうですね。人間関係のストレスなどは若い時期こそ多いように感じます。ストレスによる薄毛としては円形脱毛症の方が多いかもしれませんが、若ハゲの原因にもなりえるので知っておきましょう。

若ハゲ治療病院.comTOPへ