若ハゲの営業マンが成績を上げたい場合に心がけるべきこと

若ハゲの営業マンが成績を上げたい場合に心がけるべきこと

営業マンはストレスを溜めやすく、そこからホルモンのバランスが崩れてしまい、結果若ハゲになってしまいます。こうした場合営業成績に響いてしまう職場も勿論ある為、似た境遇の方がどうされているのか気になりませんか?

 

営業マン

 

一時的に成績が落ち込んでも、対策をして元通りに!

 

飛び込み営業や伸び悩む成績、ストレスを溜め込む原因は沢山あります。こうした日々の蓄積が頭皮のホルモンバランスに影響するので、ストレスの解消法を見つけ出しましょう。

 

自分の趣味や友人達との外出、思い切って旅行なども、良い息抜きになります。え、地味…と思った方でも是非一度試してみてください。

 

営業マンの若ハゲという症状にとって、ストレス解消や飲酒喫煙を控えるという行為は非常に大切です。ストレスが溜まるからタバコやお酒を摂取するというのは、かなりの悪循環なのです。

 

でも控えるのはちょっと苦手、そんな方は旅行などの自分あった解消法を見つけ出す事も、立派な対策であり確実な方法だと言えます。

 

ごまかすより坊主による方が、お客様の受けが良い

 

若ハゲだからこそ、なんとかして薄い部分を誤魔化したい…実はこの方法は受けが悪く、成績も伸び悩みます。坊主に抵抗が無い方であれば、坊主にする事で好印象に繋がります。

 

下手に隠している事がお客様に悟られてしまうと、印象が悪くなってしまい感触もイマイチ、なんてことにもなりかねません。むしろ誤魔化している営業マンであればあるほど、成績が落ちているのも事実です。

 

坊主は爽やかな印象を与えやすく、扱っている商品によっては更なるプラス効果も与えられます。気をつけたいのはスキンヘッドです。これは相手に脅迫感や圧迫感を与えてしまい、会社でも怖がられてしまう可能性すらあるので、坊主で止めておきましょう。

 

私が営業マンをしていたころに、すでにAGAが進行しきったような状態の30代後半の男性がいました。その方はスキンヘッドにされていましたが、非常に営業成績が悪かったのを覚えています。

 

知人であれば心が優しく気が弱い人だと分かりますが、知らない人からの第一印象はかなり強烈なものがあったようです。スキンヘッドにするなら、優しい雰囲気の眼鏡をかけるとか髭は綺麗に剃るとか、マイルドな印象を演出できるように手を加える必要があるかと思います。

 

いっそ売りにしてしまう!

 

勤めている会社や扱っている商品によっては、自分の若ハゲを話のネタに面白おかしく話す事も大切です。お客様によっては共感を得られる場合もあり、笑いを取る事で契約が円滑に進む事だってあります。

 

成績が落ち込んでいる時こそ、武器に出来る物は全て武器に変えてしまいましょう。使える物を使う事により、あれ先月より成績が伸びてる!?そんな事だってありえるのが営業ですよね。薄くなってきたと悲観してしまえば、言葉や態度にもネガティブな面が無意識に出てしまいます

 

上記に記した方法以外にも、スカルプ系シャンプーを使ってみたり、食事のバランスを見直す方法もあります。ネガティブな症状だからと言って悲観的にならず、対策や改善方法を前向きに検討しましょう。

若ハゲ治療病院.comTOPへ