若ハゲの男性に似合うとされる大人ファッションは?

若ハゲの男性に似合うとされる大人ファッションは?

若ハゲの男性

現代の日本ではおよそ25%の男性が薄毛、いわゆる若ハゲに悩んでいると言われています。若ハゲで悩む方の中には人目が気になることによって、帽子が手放せない、外出したくないなど引きこもりがちになってしまう方も多いようです。多くの女性は薄毛の方に対して「優しそう」「落ち着きがある」といった印象を持っています。気にしすぎてコソコソするよりも、前向きに受け入れて、自分らしく振る舞うことが大切です。

 

まずは薄毛をカバーできる、目立たなくさせる髪型を見つけましょう。自分に合った髪型を見つけたら、次はそれにあったファッションを選びます。薄毛の方には上品で落ち着きのある服装が似合うとされていますから、黒やネイビーなどの濃い色で上品な大人の雰囲気に仕上げると魅力をアピールできます。また自分の体型に合わせた服装、シンプルなファッションは清潔感があるためイメージアップにもつながります。若ハゲであるからといって消極的にならず、個性やセンスのあるファッションで積極的に自分をアピールしていきましょう。

 

より具体的に言うと、若ハゲの人はお兄系やギャル男系は似合わないと思うので、地味になり過ぎないカジュアル系か、カジュアル系が入ったキレイメ系でまとめると良いと思います。普段私はジーパンやチノパンをメインとしてアウターに濃いめのものを持ってきて、インナーに刺し色として柄物を入れたりしてコーディネートしています。

 

全部地味なネイビーとかグレイとかでまとめるとパッとしないのですが、インナーのシャツだったりベルトだったり、帽子でも良いですね、どこか一か所にアクセントとなる色を入れてあげるとお洒落に見えます。個人的には若ハゲ君にはイケイケではなく、こういったさり気ないお洒落感が一番しっくりきて女性受けも良いと思っています。

 

若ハゲに似合う髪型でコンプレックスをカバーしよう

 

若ハゲの男性2

若ハゲの基本的な髪型はロングよりも短髪が似合うとされています。スポーツ刈りや、仕事などに差し障りがなければスキンヘッドに髪型に変えることで清潔感や個性をアピールできるでしょう。ロングヘアーは毛髪がベタっとした感じになってしまい、また薄毛との境目が大きくなるため薄毛が目立ってしまいます。どうしても短髪にしたくないというのであれば、分け目をつけず、手ぐしなどで自然なボリュームをつけて整えるとよいでしょう。

 

頭頂部の若ハゲが気になる場合はトップの分量に合わせてサイドやバッグの長さや量を調節、M型は前髪を流す、立てるなどのアクセントをつけると清潔感やセンスをアピールすることができます。テレビや雑誌などで同じ境遇にある芸能人の髪型を参考にしてみるのも良いでしょう。

若ハゲ治療病院.comTOPへ