フィンペシアはインドのプロペシア

フィンペシアはインドのプロペシア

みなさんはジェネリック医薬品というものをご存知でしょうか。医薬品には特許というものがあり、ある会社や人が作った薬を他社が勝手に真似をして同じものを作って売ることは禁止されていますが、その特許の期間が切れた後は既発の薬と同じ成分で同じ効果の薬を他社が発売できるというものです。初めての薬を作る際には副作用を抑えたり効果を上げるために膨大な実験や臨床データが必要となり、多額の開発費がかかります。しかし、後発のジェネリック医薬品ならそれほどの実験や臨床データが必要でないので開発費が抑えられ、安く販売することができるのです。

 

プロペシアというのは発毛剤として効果が高いと言われている商品ですが、これのジェネリック医薬品がフィンペシアだと言われていて、インターネット上でもそのように紹介しているサイトもあります。しかし、正しくはフィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品ではありません。プロペシアの特許はメルク社という会社が持っているのですが、この特許が切れるのが2019年ですから、まだプロペシアのジェネリック医薬品は作ることはできないのです。

 

それではフィンペシアとは何でしょうか。これはシプラ社というインドの会社で製造されたプロペシアと同じ成分でできた発毛剤です。インドは医薬品の特許条約に加盟していないので特許が切れる前でも同じ成分で同じ効果の薬を作ることができるのです。フィンペシアはプロペシアとほぼ同じ成分ですから効果も同じと期待できると思われます。

若ハゲ治療病院.comTOPへ