育毛剤に入ってて欲しい成分は?必要な成分と栄養素のまとめ

育毛剤に入ってて欲しい成分は?必要な成分と栄養素のまとめ

市販されている育毛剤の品数は多いですが、配合成分はさらに多種に渡ります。育毛剤に欠かせない成分にはどんなものがあるでしょうか。

 

育毛剤

 

血行促進成分

 

人間の頭というは体の一番上に位置するので血流が滞りやすく、それが抜け毛トラブルを引き起こすことになります。髪の毛の成長に必要な栄養素は血液によって運ばれますので、血行が悪くなると十分に栄養が行き渡らなくなるからです。

 

血行不良を解決すれば薄毛の原因を解消できるので、たいていの育毛剤には血行を促す成分が配合されています。リンドウ科の植物センブリから抽出されるセンブリエキスに含まれるスウェルチアニンやスウェルチアマリンという成分は、毛根に直接作用して血流を促してくれます。

 

ミノキシジルやセファランチンやニンジンエキスといった成分も、血行促進の効果が期待できるようです。海藻ミツイシコンブから抽出されるM-034という天然成分は、低刺激ながらその強力な血行促進効果で知られています。

 

育毛促進成分と殺菌成分

 

髪の毛の製造工場ともいえる毛母細胞を活性化させることで育毛を促し、薄毛の改善に取り組むことができます。毛母細胞の細胞分裂を活発にさせる働きがある成分として、ペンタデカン酸グリセリドや白薬子エキス、ビタミンB群の1つであるビチオンが挙げられます。

 

また、フケなどの頭皮の汚れは育毛を阻みますので、頭皮を殺菌する成分も不可欠です。B-グリチルレチン酸やヒノキチオール、またハッカから採れるI-メントールといった成分は殺菌効果にとても優れているので頭皮を清潔に保ってくれます。ビタミンEやナイアシンアミドは頭皮の老化予防に効果があると言われています。

 

しかし忘れてならないのは、いくら育毛剤が強力だとはいえ、育毛剤に含まれている成分にのみ頼っていては薄毛を改善できません。髪のもととなる栄養素は主にタンパク質とビタミン群とミネラルの3つですから、普段の食生活でそれらを十分に取り入れる必要があります。

 

では、適確な成分が配合された育毛剤を選び、髪の毛に必須の栄養素を含む食事を心かげてください。正しい仕方で薄毛対策するなら効果は必至です。

若ハゲ治療病院.comTOPへ