タバコ(喫煙)の何が悪い?若ハゲに悪影響を及ぼす理由とは?

タバコ(喫煙)の何が悪い?若ハゲに悪影響を及ぼす理由とは?

「お酒やタバコは若ハゲになるよ」言われた事や聞いた事がある方は沢山いらっしゃると思います。この話、噂レベルだと思っていると後悔すると言われる程に、若ハゲの直接的な原因になってしまうのです。

 

タバコ

 

タバコは男性ホルモンの分泌量を増やしてしまう

 

タバコを吸うと、約30%ほど男性ホルモンが増加すると言われています。男性ホルモンは若ハゲの直接的な原因であり、ホルモンバランスが崩れる事で脱毛に繋がるのです。

 

ジヒドロテストロンという物質が男性脱毛症の原因であり、これはタバコを吸う事で増加してしまいます。実際に喫煙者と非喫煙者では、かなりの差が生まれるという研究結果も出ているようです。

 

男性ホルモンからくる薄毛は遺伝の影響も少しですが有るので、母方に薄毛のいる方は特にタバコを控えましょう。タバコ自体は直接的な原因ではないにしろ、若ハゲを促進してしまうというわけですね。

 

タバコを吸うと血行不良になってしまう

 

タバコを吸う事により起きてしまう血行不良は、含まれている有害物質が大きな原因です。タバコを吸うとニコチンの作用で末梢血管が収縮し、血行が悪くなりますよね。血液の流れが悪くなるという事は、頭皮の血行が悪くなり、そこから脱毛等の様々な症状を引き起こしてしまいます。

 

若ハゲに限らず、頭皮の健康状態や清潔であるかどうかは、脱毛に大きく影響を及ぼすのです。せっかく食生活のバランスや十分な睡眠時間を得ているとしても、頭皮に影響が行かなければ予防になりません。

 

禁煙できる方はなるべく早く、タバコの本数を減らせる方であってもなるべく早く取り組みましょう。若ハゲの対策や改善は、一日でも早い行動が大切です。

 

禁煙すれば若ハゲにならないの?

 

ヘビースモーカーであればあるほど、禁煙の反動は大きな物になります。なので禁煙したから絶対に大丈夫!というわけではなく、タバコのかわりになるストレス解消法が必要になってきます。ストレスも若ハゲの原因の一つであり、対策が必要なのです。

 

タバコをやめた事でイライラしてしまったり、急な禁煙で更に苛立ちを覚えてしまいがちです。こうしたストレスの要因を排除する事で、禁煙からの若ハゲ対策に繋がるという事になります。無理の無い禁煙を行い、それに伴ったストレスの解消法を探す事が最も大切というわけですね。

 

急な禁煙はストレスを抱えてしまい、今までに蓄積した物が爆発する可能性もあります。禁煙は確かに若ハゲの原因ですが、ストレスもまた原因となっている事を覚えておきましょう。

若ハゲ治療病院.comTOPへ