育毛剤の効果が出やすい人と出にくい人はどんな特徴がある?

育毛剤の効果が出やすい人と出にくい人はどんな特徴がある?

同じ育毛剤を使用しても、得られる効果は人によって異なります。効果が出やすい人と出にくい人がいて、それにはいくつかの要因が関係しています。

 

AGA症状が進行した頭頂部

 

頭皮環境

 

頭皮の環境が悪化しているために薄毛になっている人は、育毛剤によって頭皮の殺菌と保湿を実施することで効果が容易に表れます。それに対して、血行不良が原因で薄げになっている人は効果が出るのに多少の時間がかかります

 

初期段階で育毛剤を使用し始める人は当然効果が出やすいですし、反対にかなりハゲが進行してから使用を始める人は効果が得られないことも少なくありません。また、頭にたっぷり整髪量をつけるのにあまり髪の毛を洗わない不潔な人は、毎日髪の毛を洗う清潔な人より効果が出にくいのは言うまでもないでしょう。

 

興味深い傾向として、育毛剤の効果が出やすい人の特徴は、基本的な使い方を文字通りきっちりと守ってることです。毎日決まった量を決まった方法で使用する人と、日によって量が違ったり面倒臭くて塗らない日があったりという自己抑制力の弱い人とでは、思いの外大きな違いが生じます。

 

生活スタイル

 

睡眠不足や夜更かしといった不規則な生活スタイルを持つ人も育毛剤の効果が出にくいようです。身体の血行状態と薄毛は切っても切れない関係にあります。ですから、運動不足の人は普段適当な運動を実践している人と比べて血行が不活発になるため、育毛剤が頭皮に与える作用が弱くなり効果も出にくくなります。

 

肉や揚げ物、また刺激の強い辛い食べ物などを多く摂取する人は効果が出にくく、たんぱく質やビタミンなど栄養バランスの取れた食事をしている人は効果が早く表れやすい傾向にあります。あとは、ストレス対策が重要になります。手にストレスを発散してストレスを抱え込まないようにしている人は、常に大きなストレスにさらされて緊張状態に置かれている人より効果が出ます。

 

効果が出やすい人と出にくい人の違いの特徴がお分かりいただけたでしょうか。生活習慣を整えて、効果が出やすい環境を自分自身で作り上げることが結果を左右します。

若ハゲ治療病院.comTOPへ