加齢による女性薄毛の特長とは?更年期特有の症状

加齢による女性薄毛の特長とは?更年期特有の症状

毎日のヘアケアや生活習慣によって個人差がありますが、年齢を重ねていくと女性でも薄毛が引き起こされます。特に薄毛の症状が顕著になってくるのが更年期です。更年期の症状も人によって違うのですが、薄毛はほとんどの女性に起こると言われているので、早めに対処して進行を少しでも防ぎしたいですね。

 

分け目が薄い女性

 

更年期とは

 

更年期というのは、閉経前後の5年間、合計10年の期間のことを指しています。閉経する年齢は人によって違いますが、一般的には40代後半から60代ぐらいまでの間に発症すると言われています。更年期に入ると、女性ホルモンの分泌量がどんどん減少します。そのため生理周期も狂いやすくなりますし、経血の量も増えたり減ったり不安的になってきます。

 

また、女性ホルモンは生理だけではなく、メンタル面や体の機能にも関わっているので、さまざまな不調が起こるようになります。この不調を総じて更年期障害といい、その中の一つに女性の薄毛も含まれています。

 

更年期特有の薄毛の特長

 

更年期特有の薄毛というのは、進行が早いという特長があります。更年期の薄毛の原因は、びまん性脱毛症などと同じく女性ホルモンが減ってしまうことです。ですが原因は同じであっても、生活習慣などによる女性ホルモンの減り方と更年期による女性ホルモンの減り方はまったく違います。更年期の場合は生理現象によって女性ホルモンが減少しますから、急激に分泌量が減っていきます。

 

そのため、本来ならゆっくり進行する薄毛が、更年期の薄毛だとあっという間に進行してしまうのです。また、もともと男性ホルモンの分泌量が多いと、さらにFAGA(女性男性型脱毛症)が併発する可能性があります。つまり更年期とFAGAが重なってしまうので、より薄毛が進行しやすくなるため、更年期の年齢が近くなったら薄毛に気をつけなくてはいけません。

 

こう見ると、更年期に薄毛になったら禿げてしまうのでは、と不安になってしまうかもしれませんね。ですが、女性の場合は髪が抜けるというより、細く弱くやせ細ることで薄毛が引き起こされるので禿げる心配はありませんから、薄毛の症状が出始めたらすぐに対策を実践しましょう。

若ハゲ治療病院.comTOPへ