若ハゲの息子を持つ親の心得とは?

若ハゲの息子を持つ親の心得とは?

もしも自分のお子様が若ハゲになってしまった場合、父母はどういう行いをすれば良いのでしょうか。指を刺して笑う親もいれば、親身になって相談にのる親御さんもいらっしゃいますが、非常にデリケートな問題の為、解決が難しい悩みですよね。

 

若ハゲの息子を持つ父親

 

若ハゲの原因を知って息子に接しよう

 

若ハゲや脱毛症は、多少なりとも遺伝します。その為父親のせいだと言われる事もあると思いますが、心にゆとりをもって接しましょう。

 

若ハゲの原因はストレスや食生活のバランス、こうした環境改善で対策できる物ばかりです。奥様と相談して一日の献立を見直したり、男性ホルモンの過剰分泌を抑える働きを持つ物を調理する事も大切です

 

近年では高校生でも若ハゲの症状が出ている方もいらっしゃるので、デリケートな時期で難しくもあります。だからこそ人生の先輩として、なにより大切なお子様の為にもストレスを与えない接し方を心がけましょう。

 

打ち明けてくれたら親身になり、一緒に解決策を模索しよう

 

もしも息子さんから打ち明けてきた場合は、決してバカにせず笑わずに接してあげてください。そんな事をするか!と思われる方もいらっしゃいますが、気さくな方は場を和ませようとして若ハゲを指摘してしまいがちです。

 

まずはしっかりと話を聞きましょう。成績の伸び悩みや部活で上手くいってないかどうか、友達との関係性はどうなのか等、学生ならではの悩みは絶対にあります。

 

ひょっとしたら親御さんの接し方の何かが、お子様にとって大きなストレスになっている可能性もあるのです。ゆっくり丁寧に悩みを聞きだし、ストレスを緩和して発散の手助けをしてあげてください。

 

整髪料の多用や夜更かしをさせない!

 

年齢問わず、身だしなみの一環として整髪料はよく使用されると思います。もし若ハゲの症状が出ている場合は、出来るだけ使用を控えて、自然なセットを心がけるように指導してあげてください。整髪料は少なからず髪や頭皮を傷める可能性があり、多量に使えばその分危険性は増します

 

そして睡眠不足も原因の一つです。満足出来る睡眠時間が取れない場合、ホルモンバランスの崩壊に繋がってしまいます。一般的には一日7時間程度が適切だと言われているので、必要に応じてアドバイスしてあげましょう。

 

10代でも20代でも可能性がある若ハゲは、年齢問わず非常にデリケートな問題です。トラウマやコンプレックスにならないよう、親と子が一丸となって解決に取り組み、お子様の笑顔を取り戻しましょう。

若ハゲ治療病院.comTOPへ