何歳からハゲてくるのを若ハゲっていうんでしょうか?

何歳からハゲてくるのを若ハゲっていうんでしょうか?

人間なら誰でも年を取ってくると、毛髪1本1本が細くなってきて、髪のボリュームが減ってきたり、髪の毛全体が薄くなってきたりします。男性の場合は髪の毛が全てなくなって、ツルツルになる人もいます。

 

生え際軟毛

 

女性の場合はツルツルになる人はいませんが、男性と同じで髪が少なくなったり、薄くなったりします。これは、誰にでも起こることなので年を取ってハゲで悩む人はあまりいません。

 

中高年になって急に抜け毛が増えて、ハゲてくる人が男女共にいます。女性の場合は悩む人も多いようですが、男性はあまり悩むことはないようです。

 

男性がハゲで悩むのは何歳からかというと、やはり20代や30代前半の若いころではないでしょうか。若くして頭が薄くなることを若ハゲと言いますが、10代や20代で髪が細くなって頭皮が透けて見えるようになってしまったら、間違いなく若ハゲですよね。

 

若ハゲで悩んでいる男性に「何歳から気になり始めましたか?」という質問をすると、20代後半という答えがほとんどのようです。医学的には何歳から何歳までが若ハゲかという定義はないようですが、10代後半〜30代半ばくらいまでとしている場合が多いようです。

AGAとはどんな病気なの?症状の特長やその実体について

最近、育毛に関するテレビのコマーシャルなどで、AGAというワードを目にすることが多くなりましたね。ですが、薄毛のことなんだということは分かるとしても、実際の症状や特長など具体的なことは分からないという方も少なくないようです。男性の薄毛のほとんどはAGAだと言われていますが、いったいどのような病気なのでしょうか。

 

AGAとは

 

Androgenetic Alopeciaの略語であるAGAは、男性型脱毛症という意味で進行性の脱毛症の種類の一つです。成人男性で薄毛に悩んでいる人は1000万人以上で、その約9割がAGAとされており、主に30代以降によく見られる脱毛症です。

 

AGAは遺伝や生活習慣などが原因ですが、直接脱毛を引き起こすのはジヒドロテストステロンという男性ホルモンです。テストステロンというホルモンが5αリダクターゼという酵素と結合すると、ジヒドロテストステロンに変性します。

 

ジヒドロテストステロンは、皮脂を過剰分泌させて頭皮環境を悪化させたり、ヘアサイクルを乱して成長期を短くするためAGAという脱毛症が発症するのです。若ハゲも同じ仕組みと言えるでしょう。

 

AGAの症状

 

AGAは髪の毛全体が薄くなるという症状ではなく、生え際から後退していくか、頭頂部が薄くなるか、この2つの症状が同時に進行する3つのパターンがあります。ただし、こういった症状が出てくるのはかなり進行してからです。

 

初期段階では明らかに薄毛になることはありませんし、一度に大量の毛が抜けるということもありません。そのため、気がつかないままいつの間にかAGAが発症したなんてことになるのですね。

 

初期段階では、髪のボリュームがなくなってきた、生え際にうぶ毛が目立つようになった、スタイリングがしにくくなったなどの症状が挙げられます。

 

これが進行すると、スタイリングがやりづらい、分け目が広がった、髪にハリやコシがなくなったという症状がでてくるので、自分の髪の状態はこまめにチェックしましょう。

 

AGAの特長

 

AGAの特長は、症状でも挙げたとおりおでこの生え際や頭頂部から薄毛が始まるということです。おでこの生え際というのは、毎日鏡で目にする部分ですが、顔とつながっている部分になるため大きな変化がないと気が付きません。

 

また、頭頂部は自分で直接見られませんから、人から指摘されないと薄毛かどうかが分かりません。このように、AGAは症状が出始めても気がつきづらいのが特長でもあり、そのため気づいた時にはセルフケアではどうにもならないということが多いのですね。

 

AGAは進行すると治りづらいので、少しでも髪の状態に変化を感じたら専門クリニックで診てもらいましょう。

若ハゲ治療病院.comTOPへ