【衝撃】自毛植毛にトラブルは付き物?【定番トラブル5選】

【衝撃】自毛植毛にトラブルは付き物?【定番トラブル5選】

若ハゲを始め、薄毛治療法として古くから行われている自毛植毛ですが、トラブルやデメリットは付き物なのでしょうか?今回は頻繁に見られるトラブルをまとめてみたので、自毛植毛を考えている方は参考にしてみてください。

 

ストレス過多

 

最も多いトラブル、傷痕が目立つ!

 

傷に注目する人

 

自毛植毛の失敗例やトラブルの中でも、最も多く見られる症例です。後頭部や側頭部の毛髪を植毛する為、当然移植の際に傷がついてしまいます。皮膚を採取するわけですから、縦と横に少なからず傷跡が残る事になるのです。

 

ヘアスタイルを変更しようとした時に、傷跡が残っているから目立つ!こうしたトラブルは頻繁に起きています。傷跡の問題も「湘南美容クリニック」であれば最新の治療法でほぼ問題解消されています。

 

定着率が低く、抜け落ちる可能性も!?

 

抜け毛過多

 

こちらも多く見られる症例ですが、自毛植毛の定着率は昔から低いと言われていたようです。自毛植毛を行ったとしても、定着率が低かったらまったく意味がありません。

 

とはいえ、最近は最新技術を導入している湘南美容クリニックなどで行う場合の定着率は、なんと9割と言われています。確実性を重視するのであれば、やはり大手で行うのが得策という事です。

 

生え際の植毛は出来上がりが怖い!

 

生え際

 

生え際の植毛において、仕上がりが非常に不自然になる可能性があります。高さや長さ、見た目をしっかりと計算した上での施術を行わない限り、カツラのような不自然な状態になってしまうのです。現在では可能性は低くなっていますが、直線状に沿っていなかったり、密度が不自然になってしまう事もあります。

 

まぶたがはれ上がったり、顔が膨らむ事も?

 

個人差があるようですが、術後はまぶたや顔が腫れてしまいます。少しだけ腫れてるかな?という軽い程度の物から、人によっては副作用でかなり膨れる時もあります。体質にもよる為一概には言えませんが、よくあるトラブルの一つとして覚えておきましょう。

 

術後は痛みがあるかも?

 

自毛植毛の後は移植した部分が炎症を起こす事もあり、痒みや熱を帯びる可能性があります。多くの人は痛み止めが必要なかったり、痛みを感じなかったという人もいますが、少数例で我慢できなかったという意見も聞きます。痛みに敏感であったり、出来るだけ痛みを感じたくない方は、早めに痛み止めを飲んでおきましょう。

 

トラブルで頭を抱える男性

 

よく目にしたり頻繁に起こるトラブルとして、上記に5つ例を挙げてみました。とはいえ近年では技術の進歩もあり、トラブルはあまり起きないとも聞くので、参考程度に覚えておくと良いでしょう。

若ハゲ治療病院.comTOPへ