植毛をぜひやるべき?効果をより得やすい薄毛のタイプとは?

植毛をぜひやるべき?効果をより得やすい薄毛のタイプとは?

薄毛にはいろいろなタイプがありますね。髪全体が薄くなる人もいれば、前頭部や頭頂部だけが薄くなるAGA(男性型脱毛症)の人もいます。

 

植毛は確実な効果が得られる薄毛対策法ですが、効果をより得やすいのはどのような薄毛のタイプなのでしょうか。

 

植毛の効果が得やすいタイプとは?

 

当たり前のことですが、自分の毛を移植する植毛は、髪全体が薄くなってしまっている人には向いていません。髪全体が薄くなるということは、どの部位の髪の毛も成長しにくくなっているということです。いくら植毛であっても、髪は移植すれば自然に成長するものではありません。

 

毛乳頭細胞がしっかり分裂して滞りなく成長する髪の毛を、毛根組織の機能が低下している部分に移し替えるのが植毛です。ですので、健康な髪が生えていない人は移植できません。

 

ですが逆に言うと、例え前頭部が広範囲で薄毛になっているとしても、健康な髪が生えている人であれば植毛の効果を得ることができます。これは頭頂部の薄毛でもこめかみ周辺の薄毛にも当てはまります。

 

しっかり毛乳頭細胞の分裂が続いている髪が薄毛の部分に定着すれば、どんな部位であっても髪は成長します。つまり、後頭部には健康な髪が生えているけど、他の部位が薄毛になってしまっているというタイプであれば、薄毛の部位に関係なく植毛が向いていると言えるのですね。

 

健康な髪が生えていると、まだまだ育毛剤でどうにかできると思うかもしれません。

 

残りの髪の毛が元気なうちがおすすめ

 

しかし薄毛の部分は毛根組織が正常に機能していないのですから、育毛アイテムで効果を得るのはかなり難しいです。それより健康な髪が生えているうちに植毛をやっておいた方が良いでしょう。

 

植毛は健康な髪がなくなってしまったら出来ませんから、効果を得るためにも早い段階でぜひ植毛をしておくべきです。

 

植毛というのはカラーやパーマのように気軽に受けられないですから、ためらっているうちにタイミングを逃してしまう人も少なくありません。

 

とにかく、元気な髪が抜け始めてしまったら植毛できないので、薄毛の範囲が広がってしまう前に施術を受けるといいですね。

若ハゲ治療病院.comTOPへ