育毛剤で抜け毛が増える?初期脱毛と好転反応の仕組みとは?

育毛剤で抜け毛が増える?初期脱毛と好転反応の仕組みとは?

髪を増やすために育毛剤を使い始めたのに、逆に髪が減り始めたらあなたはどうしますか?そのようなことが起きても、慌てず、落胆せず、落ち着いて対応しましょう。

 

初期脱毛とは

 

薄毛や脱毛を改善するために育毛剤を使い始めたにもかかわらず、増えるどころか減り始めたら、誰でも驚き不安になるに違いありません。実際、育毛剤を使い始めてから抜け毛がさらに増えるのを経験する方が多くいるようです。これは初期脱毛と呼ばれ、決して副作用や逆効果ではありません

 

ヘアサイクル

 

それとは反対に、これから丈夫な髪の毛が生えてくる兆候、育毛剤の効果の初期段階と理解することができます。頭髪には3年から6年周期の発毛サイクルがあり、退行期と休止期を経て、そして脱毛、次に新しい髪の毛が生えてくるというプロセスを繰り返します

 

ところが育毛剤の作用により、先に元気な髪の毛が生えてきてしまうため、今まで生えていた髪の毛を押し出す形となり、その結果として髪の毛が抜けていきます。

 

その対応

 

では、初期脱毛に直面したらどう対応すればよいのでしょうか。初期脱毛は育毛剤が効果を発揮し始めている証拠ですので、髪が抜けているからといって育毛剤の使用を中止してしまうと、髪の毛の未来はそこでおしまいです。通常、初期脱毛は1ヶ月程度でおさまりますので、抜け毛にくじけず育毛剤による試みを続けなければなりません。

 

ただし注意が必要なのは、育毛剤を使用して抜け毛が増えるのは初期脱毛ではなく、単純に育毛剤が合わないために問題が起きている可能性もあるということです。初期脱毛だと思い込んで安心しているうちに薄毛が進行してしまう恐れがあるのです。

 

ですから、初期脱毛なのか頭皮トラブルによる脱毛なのかを見極める必要があります。普通、抜け毛を促進するような副作用は考えられませんので、頭皮が炎症やかゆみを発生させていることが確認できたらただちに使用をやめましょう。

 

効果の高い育毛剤ほど初期脱毛が起きやすいようです。好転反応である初期脱毛が落ち着けば新しい髪の毛の成長が見られますので、しばしの辛抱で望む結果を刈り取ってくださいね。

若ハゲ治療病院.comTOPへ