若ハゲを治す方法で結局一番良かったのはコレでした!

若ハゲを治す方法で結局一番良かったのはコレでした!

20代ハゲで悩む

10代〜30代くらいまでしょうかね。一般的に若ハゲと言われるのは…。この若ハゲで悩まされている方も多いことでしょう。

 

何を隠そう、私もその一人なわけです。むしろ貴方よりも早い段階で、しかも深く悩んだのではないかと意味の無い自信を感じるくらいです。

 

さて、若ハゲを治す方法って結局のところ何が良いのか?これは個人の状態にもよると思いますが、一番いいのは医学的治療で間違いないです。

 

これは私自信、実体験を踏まえて身に染みています。病院なんて医者なんて、まだそんな大袈裟じゃないから…。20代前半だった私はそんなことを考えていましたね。

 

もしあの頃に素直に医療機関で治療を始めていたら、きっと三十路を迎える頃には元の状態に近い髪型で彼女などもいたかもしれません。下手したら結婚して子供がいたかも…。

 

でも実際には3か月スパンくらいで色々な育毛剤を試したり、怪しげなレーザー器具を買ったり、育毛シャンプーと言われるシャンプーにしてはやたらと高額な商品を買ったり、サプリメントを併用してみたり、育毛と名のつくものは片っ端から試していたのが私の20代でした。

 

悔しがる若ハゲ君

はっきり言って悔しいですよ。毎月育毛費用としては3万円とか多い時期だと5万とか6万とか払っては色々とやってましたから。途中、増毛にも手を出したこともあり、その時期は2年ほどでしたけど150万をローンで返済しながらズラ被っていました…

 

本気で無駄だったと思いますし、維持費が半端ないのでとても平凡なサラリーマンの給料では維持できません。しかも自毛にもダメージが大きかったように感じています。

 

そんな私ですが、実際に医療機関に通いはじめてからは、月に1万とか多いときで2万くらいの費用でコツコツと治療に取り組みました。相手が医者って事にまず安心できますよね?

 

増毛サロンなどは医者ではないので医学的根拠は全くないですからね…。それでも満足しているユーザーは沢山いるので否定するつもりはありませんが、私には合いませんでしたね。

 

20代や30代などは特に、まだまだ治療で回復の見込みはあると思います。完全に後頭部まで生え際からツルツル状態であれば、治療は困難かと思われますが、生え際が2,3センチ後退したとか頭頂部が薄くて透けているとか、その程度であれば治療してみる価値は十分にあります

 

若ハゲを治す方法としては、やはり医者による医学的治療だと私は実感しています。ちなみに、ただ病院で治療すればOKと言うわけでもないんですよね

 

以下で私の体験談を交えて、その答えを公開しています。恥ずかしい体験談なのですが、若ハゲを治した私がお世話になっている病院の情報も公開しています。良かったらどうぞ。

若ハゲ治療病院.comTOPへ