若ハゲの人が育毛剤を選ぶ際に気を付けたい事

若ハゲの人が育毛剤を選ぶ際に気を付けたい事

育毛剤使用中

育毛剤は、医薬品から医薬部外品、化粧品などいろいろな種類があり、それぞれに配合されている成分や効果に違いがあります。初めて育毛剤を使う場合、まずは知名度の高いもの、有名メーカーが発売しているものを選んでしまいがちですね。

 

もちろんそれが悪いというのではありませんが、育毛をする上で一番大事なのは、自分の若ハゲの原因を改善できるかどうかです。いくら育毛に効果の高い成分が入っていても、薄毛を引き起こす原因にアプローチできなければ効果は半減してしまいますから、育毛剤を選ぶ上での注意点をチェックしておきましょう

 

・自分に合った育毛剤なのか?

 

まず一番気をつけなくてはいけないのが、自分の若ハゲの状態に合っていない育毛剤を使うことです。若ハゲと一口に言っても、例えばAGA(男性型脱毛症)とひこう性脱毛症では原因が異なります。AGAはテストステロンが5αリダクターゼによってジヒドロテストステロンに変性することが直接の原因なので、育毛剤は5αリダクターゼの働きを抑制する効果があるものを選ばなくてはいけません。

 

ひこう性脱毛症は生活習慣の乱れなどで皮脂が過剰分泌されて、頭皮環境が悪化することで起こるので、皮脂を抑制したり頭皮環境を改善する効果を持つ育毛剤が必要です。それなのに、若ハゲは5αリダクターゼを抑制することが大事、と言うイメージだけで、ひこう性脱毛症の人がAGA用の育毛剤を使ったら何の効果もないので気をつけましょう。

 

・副作用への注意

 

AGA用の育毛剤に使われる成分は、場合によっては副作用が起こることもあります。もちろん正しい使い方をしていれば重篤な副作用が出ることはほとんどないのですが、それでも副作用のリスクがあるのは事実です。

 

もしAGAじゃないのにAGA用の育毛剤を使っていて、効果がないばかりか副作用が起こってしまったら大変です。原因にアプローチできない育毛剤を使うと、無駄に副作用のリスクを高めることになるので、必ず自分の若ハゲの状態を把握し、それに合った育毛剤を選びましょう

 

・口コミをまるごと信用しない

 

次に気を付けたいのが、口コミをまるごと信用することです。育毛剤を選ぶ場合、実際に使用した人の感想をチェックするのは良いことです。ただし、上記と同じ理由なのですが、口コミをしている人と自分の若ハゲの状態が同じだとは限りません。

 

若ハゲの状態は初期段階から最終段階まで細かく分かれているので、段階によって効果の出方は異なります。自分の状態とは異なる口コミを信用して、間違った育毛剤を選んでしまうと、数ヶ月を無駄にするばかりかお金も損をしてしまいます。ですので口コミを参考にするのはいいですが、それだけに頼らず、どのような成分でどんな効果が得られるのかを必ずチェックしてください。

若ハゲ治療病院.comTOPへ